プロペシアでの勃起不全は勃起薬との混合服用で解消

薄毛の悩みを抱えている人は、日々育毛剤や発毛剤で改善している人も多いことかと思われます。

発毛効果が高いプロペシアは、専門クリニックなどで医師に処方してもらう薬であり、薄毛の進行を予防するだけでなく、進行が進んでいる人にも有効な発毛剤です。

ただ、プロペシアは服用役なので全身に作用するために副作用が考えられます。
その副作用の一つに、精力減退や勃起不全があります。

男性型脱毛症の原因は、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化することによって薄毛癌進行しますが、プロペシアは変化する際に必要とする5αーリダクターゼという酵素を阻害することで抜け毛や薄毛の進行を妨げます。

男性ホルモンを抑制してしまうために、勃起不全や精力が減退するのです。

しかし、特定のパートナーや家族がいる男性にとって勃起不全もまた深刻な悩みの一つであり、改善しようと考える人も少ないでしょう。

薄毛を改善するため勃起不全なるか、あるいは薄毛でもいいから勃起不全を解消したかなど、選ぶのも困難でしょう。
どちらも譲れず解消したいという人には、混合服用がおすすめです。

プロペシアの副作用を改善するためにバイアグラやレビトラ、シアリスといった勃起薬を混合服用することで、両方の悩みが解消できます。

混合服用に対する不安を持つ人もいることかと思われますが、バイアグラにはニトログリセリンなどの禁忌使用薬がありますが、プロペシアとこれらの勃起薬との混合服用は問題ないとされています。

混合服用に問題がないといっても、体にかかる負担は少なからずありますので、初めて使用する場合にはネット通販などの個人輸入で購入するのではなく医師による処方で手に入れることをおすすめします。

勃起不全は年齢や持病によって起こります。いつまでも若い肉体でいたいと思うなら日頃から健康に気遣った生活を送らなければなりません。食事、睡眠、運動などを取りいれて勃起不全にならないようにしましょう。