勃起不全を治す薬の用量と酒

勃起不全とは男性の性機能障害の一種で、陰茎の勃起の発現あるいは維持ができないために満足に性交を行ないない状態、または性交時に有効な勃起が得れないために満足な性交ができない状態などのことをいいます。
原因はさまざまなものがあり、何らかの心理的な要因によって勃起できない状態の機能性勃起障害、神経や組織、血管あるいは陰茎自体の異常などの解剖学的または内部分泌に問題があることによっておこる器質性勃起障害、両方が原因である混合性、薬物の副作用による薬物性の障害などが考えられます。
このような勃起不全に治すために用いられるのがバイアグラやレビトラ、シアリスなどの薬です。バイアグラは通常一日一回25~50mgが用量となっており服用してから4~5時間ほど作用ます。レビトラは用量10mgを飲むと4~5時間ほど作用し、20mgは8~10時間ほど作用します。シアリスは用量が10mgで20~24時間、20mgで最大36時間作用するとされいます。これらの薬には、勃起抑制をしてしまう酵素の働きを妨げることで勃起を促進させるなどの効果があります。
勃起不全に効果的なこれらの薬ですが、脂肪分を含まない飲み物なら酒と一緒に飲んでも問題ないとされています。ほどよい飲酒である場合はアルコール自体のリラックス作用によって効果をより引き出すことが可能になります。しかし、一定以上酒を飲み過ぎてしまうと神経伝達に問題が出てきてしまい、逆効果になってしまうことが考えられるため飲み過ぎには注意が必要です。
発起不全を改善するための薬を飲む場合には用法用量を守って医師の指示に従って飲むことが重要です。
また、パートナーである女性の協力も勃起不全を改善するためには大切となります。

勃起不全は年齢や持病によって起こります。いつまでも若い肉体でいたいと思うなら日頃から健康に気遣った生活を送らなければなりません。食事、睡眠、運動などを取りいれて勃起不全にならないようにしましょう。